夏間近!押し麦ダイエットで美味しくダイエット

夏が近付き、キャミソールやショートパンツが着たくなる季節に突入しました。
この時期になるとどうしても気になってしまうのが、自分の体型。ぽっこりお腹、ぷよぷよの太腿、重たげなヒップ…このままじゃ、水着シーズンを迎えられない!でも、食事制限はなかなか成功しない…そんな人にぴったりのダイエットがあるんです。その名も、押し麦ダイエット!

【押し麦ダイエットって?】
普段食べているパンやご飯、パスタといった主食を、押し麦に変える。ただこれだけです。カロリーを比較してみると、炊飯する前の状態で、押し麦が340kcal、白米が356kcal。若干ですが、押し麦の方が低カロリーですね。

【押し麦ダイエットの利点】
ただ、押し麦の魅力はそれだけではありません。水溶性食物繊維やミネラルが多く含まれていて、胃腸の働きを助けてくれます。水溶性食物繊維はダイエットには欠かせない栄養素。炭水化物を緩やかに吸収し、血糖値の急激な上昇を抑える効果を備えています。血糖値が急上昇すると、体が「糖が大量に摂取されたから、脂肪を蓄えなければ!」という信号を送り、脂肪が蓄積されやすい体内環境になってしまいます。それを避ける為にはどうすればいいのかというと、「血糖値を急に上げてしまわない事」。これが重要なんですね。前述の通り、押し麦に含まれる水溶性食物繊維は血糖値の急上昇を防ぐ効果がある為、無駄な脂肪を溜め込まない体を作る為にはぴったりな食材というわけなんです。
さて、そんな押し麦の水溶性食物繊維の含有量はどれくらいなのかと言うと、100gあたり6.0g。これだけでは多いのか少ないのか、良くわかりませんよね。他の主食を例に上げて見てみると、この水溶性食物繊維はロールパンには1.0g、食パンには0.9gしか含まれておらず、白米に至ってはなんと0g!食べ応えがあるのにしっかり栄養が詰まっていて、その上太りにくいなんて、夢のような食べ物ですよね。

【押し麦ってどう食べるの?】
「でも、押し麦の食べ方がわからない…」そんな方もいらっしゃると思います。私も最初は「味気なさそう」「そもそもどう調理すればいいの?」、そう思って敬遠していました。しかし、押し麦って皆さんが思ってる以上に、色んなお料理に使えるんです!
そのまま炊いて食べても良いですが、白米の代わりに押し麦を使って雑炊やリゾットやドリア、炊き込みご飯なども作れますし、野菜スープに少量加えたり、サラダにまぶしたり、グラノーラやクッキーを作ったりも出来るんですよ。ここで、押し麦を使った簡単レシピを紹介します。

夏に一押し!押し麦のレモンクリームリゾット
(材料)
玉ねぎ…1/2玉
ベーコン…1/2枚
押し麦…大さじ4
水…400cc
生クリーム…50cc
レモン果汁…大さじ1
コンソメキューブ…1個
スライスレモン…1枚(飾り用)

(作り方)
1:玉ねぎとベーコンはみじん切りにしておく
2:熱したフライパンにバター1欠片(分量外)を入れ、玉ねぎを炒める。しんなりして色が変わって来たらベーコンを投入する。
3:材料に火が通ったらフライパンに押し麦、水とコンソメキューブを入れ、中火で15分煮詰めていく。途中、水分が少なくなったら200ccずつ水を足す(分量外)
4:15分煮詰め、水分が飛んだら生クリームを加え、弱火で2分ほど熱し、水っぽさがなくなったら火を止める。
5:鍋にレモン果汁を加え、軽く混ぜ合わせる。更に盛り付け、スライスレモンを飾ったら完成。

【最後に】
いかがでしたか。押し麦は腹もちが良いので、ダイエットにはぴったりの食材!色んな料理に使えるので、ダイエット中も飽きません。筆者も現在、押し麦ダイエットにチャレンジ中。ここだけの話、開始5日で既に1kg痩せてしまいました。夏本番までには何とかもう4kg落としたい…皆さんもご一緒に押し麦ダイエット、いかがですか?”